旧KOSO28~34ビックボディーキャブ用エアクリを作りましょう

どもども。
焼き王タマキングです。
今日も大事なハイグレ56を焼きつかせましたが何か?(笑)
 
実は先週、こんなもんを作っておきました。
まぁ、なんの変哲もない普通以下のエアクリですが、
ダクトが例のあれなんですね。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 5
イメージ 3
イメージ 4
 
超普通でしょ。
 
KN新発売のピックエアクリがかなりの好感触ではありましたけど、
それってボックスが大きいからだけじゃなく、走行風を直撃で受ける形の
ダクトの形状、サイズも功を奏したのではないかなと、
KNダクトを2本挿してみました。あとはあまりもんをリサイクル。
3本のダクトともメーカが違いますw
 
ジョイントも「いつかKOSOキャブを使う日が来るかもしれない」と
1~2年前にオクで中古で買ったものです。
変なことに、ジョイントがカットされ、他車種のセンタースプリングシートらしいものが入ってました。
こういうやり方は初めてですが、まあ楽といや楽ですね。
 
フィルターは入れません。
いや、入れてもいいっていうか持ってれば入れたいくらいなんですけど、
オクで中古でエアクリを買ったら
イメージ 6
こんなものが来ましてね。
 
実際取り付けてみると、あのセンタースプリングシートのアソビが大きくて、
数秒間も悩みました。
 
が、まーいっか!と、適当に固定しました。
これじゃダメ?(笑)
イメージ 7
 
これが取り付けた日の写真。
イメージ 8
今はこんな感じになってますけど。
うわ、位置をちゃんとキメないとエアクリに穴が開きそうだよ!Σ(゚д゚;)
そのうち上下ちゃんと固定して最大限当たらないようにします。
 
イメージ 9
 
性能の方は、KOSO34を取り付けたばかりでなんともいえませんが
#160でちょっとレギュラーを入れただけでデトネ祭りになったり、
#162、ハイオクを入れてデトネは消えたといえ、メーター読み120kmあたりで
全開中一発で焼きつくあたり、思ったより吸ってるかも知れません。
まだ判断するには早いんですけどね。
 
消音の方は、直よりは確実に静かです。
でも、これが静かな方なのか、うるさい方なのかまったくわかりませんでした。
マフラーの音の方が勝ってるんでね。静かなメットインクリーナーや、
よほどやかましいエアクリじゃない限り体感出来ないみたいです(*・ε・*)