BWS100にハイギアを入れて適切っぽいタイヤーを履かせると幸せになれる?

まずは個人メモから
31763 横っちー90プーリー新品(横綱*ヒロチー商事)、KN強化スライドピース新品 交換
 
鬼ギアではうまく行きそうでうまく行かないことが多くなり、
うさぎよくタイヤを変えることにしました。
 
…へいへい。僕が負けましたよ。鬼ギアナメてましたよ。
例の企画の3部も無しですよ(笑)
 
さて、
上記の記事での計算を流用しますと
 
9)120/70-12 → 475.2mm, 123.4km/h →Gアクノーマル?
10)130/90-10 → 490mm, 127.3km/h →BWSノーマル
 
2)140/70-13 → 528.8mm, 137.3km/h →直前仕様(実測は520もなかったが)
 
マロッシギア
12)140/70-13 → 528.8mm, 153.7km/h →今ココ
14)120/70-13 → 500.8mm, 145.5km/h
16)130/60-13 → 488.8mm, 142.0km/h
 
 
9)~10)がGアク、BWSのノーマルで2)が長らく使ってきたデカタイヤ仕様。
 
そして、マロッシギアを入れた最近の仕様は12)で、次はどんな構成をすればよいだろうかと、14)と16)ですごく悩みました。
 
上記の数字だけを見ると、どっちかというと14)を入れたいと思いました。
だって、12)と14)でも結構デカイ差がついてるもん。
14だって普通にいけそうだったんです。
 
しかし??
私のデカタイヤ、つまりIRCのSS530とかの140/70-13タイヤの実測は
519mm程度だったんですね。
これを計算式に入れると、150.80km/hという結果が出ました。
 
また、2)の計算だって実測値を入れて計算したわけではないので、
14)だってキツい可能性はさらに高くなりますね。見た目的には
14)の方が好きですが、ここは16)を選んだ方が安全そうだと判断。
130/60-13を買うことにしました。これでも欲張った方なんです、きっと。
いや、たぶんw
 
で、タイヤの交換は自力ではできませんので、件のショップで交換。
 
イメージ 1
 
僕はすごくマナーの良いジェントルマンですので、洗車はばっちりして
交換を依頼しました。「新車か?」と言われたのは言うまでもないです。
 
イメージ 2
(´・ω・`)
覚悟はしましたが、めちゃくちゃちっこいのです・・・。
 
でもイイんです。140/70-13の場合は重さが5キロ前後と、結構重いです。
130/60-13は比較的軽量タイヤともいえるはずw
 
イメージ 3
既存のIRC SS530なんちゃらの140/70-13
1636mm (メジャーを2つ利用しています)、521mm
あれ?新品のときは1630mm、519だったのにぃ~
これは空気圧の差が大きかったのか、それとも計測の誤差の方が大きかったのか
私にはわかりませんでした。
 
 
イメージ 4
イメージ 5
新しく入れたミシュランパイロットスポーツ(新品だが古いタイヤw)130/60-13
 
1526mm , 486mm
フロントもまったく同じ物でサイズまでも一緒ですがフロントより外回りが10mmほど小さいですね。
計測誤差、区気圧、リム幅の違いなど、何が主な原因なのか明確には把握しきれていませんが、おおむね狙いの値に収まったと思いますので問題ありません。
製造日から5年も建ったミシュランパイロットスポーツというタイヤを選んだ理由は、実はこれなんです。同じ130/60-13でも、変な外径だと困りますので(笑)
 
31818 リアタイヤミシュランパイロットスポーツ)130/60-13 交換
 
では、早速1本目行きましょう。
 
1本目
KOSO32 #35 N80H2.5 #160(以下固定)
デイトナ中古ベルト2(16.6、766mm)7.083g
3.5mmオフセット 横綱90 横綱ボス 1.6mmワッシャー キタコタイプx90用フェイス 
 
すみません、動画が逆さまですが、気になる方は
首を回すか、逆立ちするか、モニターを回してください。
 
127.2(138)@9860 GPS126.9
おお、悪くないです。
 
GPSのスクリーンショットは撮り忘れましたが、当方くだらない捏造はしませんのでご安心くださいませ。
イメージ 6
タッチあり、バコマ無し
 
最近にしては良い方ですが、デカタイヤ+ノーマルギアでの平均値までは
まだ届いてないと思います。とりあえずぼろいデイトナ中古ベルトは使えるかも知れない、と判断しすぐに最近のデフォとなりつつあるDFGPベルトを投入します。
 
フェイスは中華4VPコピーフェイス無加工とキタコ90用フェイスで迷いましたが、
とりあえずキタコで回してみましょう。
 
2本目
DFGPベルト(764mm 16.2mm)6.5g
4.5mmオフセット(1本目より0.4mmほどフェイスを外側にオフセットさせました) 横綱90 横綱ボス 1mmワッシャー 
キタコタイプx90用フェイス 
 
125.4(136) @10000 GPS125.1
 
イメージ 14
なんだか加速が遅いです。9000変速じゃダメってことか??
てか、デイトナベルト仕様から1個当たり0.5g以上も軽くしたのに、
どんだけWR重く出るんです?(笑)
 
イメージ 7
タッチあり、バコマ無し
マーキングですが、真ん中の長いのが2本目で、下のが1本目と見るのが妥当でしょう。
 
 
3本目は4VPコピーフェイス無加工で行ってみましょう。
キタコ90よりハイかとは思うけど、どれほどハイに出るんだろ?
ってちょっと気になってましたので丁度良いです。
 
3本目
6.5g→6.08g
4.5mmオフセット→4mm(フェイスを外側にオフセットさせたのではなく、中華コピーフェイスは厚い方なので仕方なく)  
4VPコピーフェイス無加工 
 
127.4(139)@10000 GPS126.9
イメージ 15
おお、結構良い感じです。デイトナベルトでの1本目と同等の最高速です。
メモには「くだりに突入する1~2秒前?とにかく、くだりが始まる手前で回転上昇が始まる」とも書いてありました(笑)
イメージ 8
2本目の画像と比べると、やっぱりこちらの方がキタコ90よりハイっぽいです?
しかし、回転数もこちらの方がスズメのウンコくらい高いですね。
ま、どっちでもいいです。最高速もこちらの方が上ですから。
 
ちなみに3本目はタッチあり、バコマ無しでした。
イメージ 9
しっかし、駆動弄ってるとこちらの方にタイヤがちらっと見えたはずなんですが、
なんだかあるべきものが見当たらないんです。ものすごい違和感なのです。
やべっ、タイヤ外れたか!と思わず二度見しました。
 
では、4本目行きましょう。4本目はDFGPベルトを確実に使い切る仕様、
中華4VPコピーフェイス0.4mmカットフェイスを使います。
 
4本目
4VPコピー中華フェイス無加工→0.4mmカットバージョン
128.2(140)@9630 GPS128.7
イメージ 16
かなり良い感じです。大名るとしたらこちらだろうか?
これ以上引っ張ってもベルトに負荷がかかるだけかと思いますので、
無加工~0.4mmカットフェイスの中で選んだ方がよさそうですね。
 
 
イメージ 11
 
イメージ 10
ダブルありです。
イメージ 12
イメージ 13
しっかし、耐熱180度程度のキタコグリスじゃやっぱりグリスが溶けるようです。
もっと高温に耐えるキタコグリスも持ってます。が、「捨てるのも何だしな~」
ってこれをずっと使って来ましたが、変えなければならなさそうです。
 
新品プーリーの場合特にこういうことが多い気がしなくもないです。
新品は関係ねぇだろwww頼むよwwwって仰るかもしれませんが、
横綱であれなんであれ台湾プリンは新品で荒いのが多いのも事実です。
とはいっても、関係あるかどうか当方もまだ確信は持てずです。
 
さて、この構成、初インプレとしては合格というか上等です。
とは言え、鬼ギアでの初インプレではGPS数字で言うと今回を軽く越えてたので
(計3本のアタックの成績が 123.3、129.6、128.7と、期待させといて裏切りよったww)まだまだセッティングをつめてみないとわかりません。
 
あとは~120/80-12の履かれているGアクの中古ホイールを買っちゃえば
もっとハイギアがほしいときに何とか対応できそうですね。
イメージ 17
友人もリバイブブラザーなのです。
そういや、友人のグリップに知る人ぞ知る「X5」とか書いてあって
思わず笑ってしまいました(爆)